トレンドニュースやガーデニング、子育てを独自の視点で発信中

ばばちゃんのトレンド情報

働き方

2019年4月から働き方改革法が施工。正式名称、その内容とは?

投稿日:

いよいよ2019年4月1日より、働き方改革法が施行されました。

2018年6月29日に成立した働き方改革法が新元号「令和」の発表の裏で密かに動き始めました。

働き方改革


<スポンサーリンク>


働き方改革法の正式名称とは?

働き方改革法の正式名称は、

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」

と言います。

この法律は、日本の以下のような法律を一括で改正を行う法律となっています。

ポイント

  • 労働基準法
  • じん肺法
  • 雇用対策法
  • 労働安全衛生法
  • 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律
  • 労働時間等の設定の改善に関する特別措置法
  • 短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律
  • 労働契約法
  • 健康保険法
  • 職業安定法
  • 生活保護法
  • など

日本のこれほどの労働に関する法律を「働き方」を推進する上で改正していく必要があるのですね。

そもそも働き方改革目指すものとは?

厚生労働省には、以下のように記載されています。

我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。

こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。

「働き方改革」は、この課題の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。

引用:厚生労働省HP

ずいぶん前から「少子化」や「高齢化」は、日本では問題とされていましたね。

単に数年前までは、「どうやったら子供が生まれてくれるか?」や「年金問題をどうしていくか?」といったこの課題に比較的直接的に絡むことにフォーカスされていました。

しかし、ここ数年でこの少なくなった生産人口で如何にして国力を落とさずに成長や発展していくことができるのかとフォーカスが少し先に進み、どうしたら生産性よく働けるかということが注目され始めました。

ある意味で、「少子化」「高齢化」は待った無しでやってくることを受け止め、日本のある種のタブーというかグレーとされてきた「働き方」に着目しはじめたわけですね。


<スポンサーリンク>


まとめ

いよいよ2019年4月1日より、働き方改革法が施行されました。

働き方改革法の正式名称は、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」と言い、日本の労働にする法律を一括して改正するための法律となっています。

人気ブログランキング参加中



トレンドニュースランキング

-働き方

Copyright© ばばちゃんのトレンド情報 , 2019 All Rights Reserved.