トレンドニュースやガーデニング、子育てを独自の視点で発信中

ばばちゃんのトレンド情報

国内

仙台市青葉区の小1次男絞殺、父親が逮捕。心中は嘘?母親らと共犯?

投稿日:

痛ましい事件が起きました。

2019年3月28日午前仙台市内のマンションで小学1年生の男の子が死亡しているのが見つかり、警察は、父親を殺人の疑いで逮捕しました。小学1年生の息子を殺害したとして仙台市青葉区の39歳の父親が殺人の疑いで逮捕


<スポンサーリンク>


仙台市青葉区の小1次男絞殺、父親が逮捕

以下にニュースの内容を引用します。

小学1年生の息子を殺害したとして仙台市青葉区の39歳の父親が殺人の疑いで逮捕されました。
父親は家庭内トラブルがあり子どもと一緒に死のうと思ったという趣旨の供述をしているということです。

逮捕されたのは仙台市青葉区上杉1丁目の無職菱沼芳徳容疑者(39)です。

警察によりますと菱沼容疑者は27日午後11時ごろ、自宅のマンションで、次男で小学1年生の慶士君(7)を殺害した疑いがもたれています。
菱沼容疑者は28日朝、「家に来てほしい」と110番通報し、警察官が現場に駆けつけると慶士君は寝室の布団の上に横たわっていたということです。すぐに病院に搬送されましたが間もなく死亡が確認されました。

警察の調べに対し菱沼容疑者は、家庭内のトラブルがあり子どもと一緒に死のうと思ったという趣旨の供述をし、容疑を認めているということです。菱沼容疑者の右わき腹には自分で刃物で切った傷跡があるということです。命に別状は無いということです。

この家には菱沼容疑者とその妻のほか慶士君を含めた3人の子供が暮らしていました。警察官が駆けつけた当時は妻と2人の子どもも家にいましたが、いずれもけがは無いということです。

具体的な殺害の方法はまだ分かっていませんが、警察は遺体に目立った外傷がないことから首を絞めて殺害した可能性が高いとみて調べを進めています。

引用:KHB東日本放送

このニュースから不思議なことがいくつかあります。

ポイント

  • 殺害した23時から自ら7時半に通報するまでの空白の時間
  • 妻、ほかの2人の子供が無傷で現場にいた
  • 死のうとして命に別条のない程度でわき腹を刺す?

このあたりの謎があり、様々な可能性が考えられる事件です。

例えば、単にカッとなって首を絞めて殺してしまって、家族と話し合ってどうするかを決めていたとか、

そもそも共犯していたか

もしかすると殺したこと自体が父親以外の誰かかもしれない。

そう思うと、謎が多い事件です。

殺害から自首までの空白の時間が謎

小1男児の父親である菱沼容疑者は3月27日午後11時ごろ自宅のマンションで、次男で小学1年生の慶士君(7)を殺害したとしていますが、

なぜか朝の7時半に「家に来てほしい」と警察に自ら通報しています。

この約8時間の空白の時間が怪しいです。

確かに一緒に死のうとしたことからわき腹を切っていますが、それでもまだいまいち説明がつきませんね。

この時間の間に、少なくても何らかの形で父親、母親、ほか子供二人と話し合いが行われていたと思われます。

本当に無理心中を図ったのか?母親(妻)や二人の子供と共犯の可能性も

菱沼容疑者は家庭内トラブルがあり、小1次男を絞殺後、一緒に死のうとしたとありますが、

ではそのとき妻は?ほかの子どもとは死のうとは思わなかった?殺そうとしたがやっぱりやめてしまった?

そもそも他の家族との共犯も考えられます。

または、妻や他の二人の子供が殺してしまったことを父親がかばったとも考えられます。

その信ぴょう性を高めるためにわざとわき腹を切ったと。

仮に他の家族が共犯だったとしたら恐ろしいことですね。


<スポンサーリンク>


まとめ

仙台市青葉区で痛ましく、悲しい事件が起きました。

父親の菱沼容疑者が小1の次男を絞殺し、一緒に死のうとして自身のわき腹を切っていました。不思議なことに殺害した23時から朝7時半の通報までの空白の時間、無傷の妻、ほか子供2人が現場にいたことがどうにも納得できない状況です。

この事件には本当の真実がまだ隠されているような気がします。

これからの警察の捜査でどのような真実が明らかになるのでしょうか。

 

人気ブログランキング参加中



トレンドニュースランキング

-国内

Copyright© ばばちゃんのトレンド情報 , 2019 All Rights Reserved.