トレンドニュースやガーデニング、子育てを独自の視点で発信中

ばばちゃんのトレンド情報

国内

ワンオペパパ、「子育てやめます」の手紙。男性も育児うつになる時代

投稿日:

コラムニストの村橋ゴローさんが、ハフポスト日本版に自身の体験を寄稿しました。

私も「イクメン」と世間で言われ始め、育児を始めました。

この記事を読み、すごく共感しました。

女性が社会進出が進む一方で男性が家庭に参加する場面が多くなってきています。

しかし、なかなか現代社会になじまない場面があり、男性にも育児の苦悩があることをよく表しています。

子育て


<スポンサーリンク>


ワンオペパパの苦悩

「ワンオペパパ」として奮闘する僕だが、仕事がパンパンに詰まり、どうにもうまくまわらないある日、些細なことから息子を怒鳴り、暴言を止めることができなかった…。最低だ。そして、決めた。「しばらく子育てをやめます」━━。

女性だけに関わらず、男性にも育児に対する苦悩があります。

でも、それも仕事と育児や家事と両立しなければいけないという、前向きな思いから出た行動です。

昨今、自分の子供を虐待する事件も多い中、そのぎりぎりで耐え抜いた勇気あるエピソードです。

「イクメン!」と叫ばれる中、世間からのプレッシャーもあったでしょう。

世の中の育児をがんばっているすべての男性に読んでいただきたいエピソードです。

男性も独りで抱え込む育児や家事

村橋ゴローさんが仕事が多忙を極める中、家事や育児で大変だった頃、以下のように思い、自分で抱え込み、育児うつ状態に陥りました。

いま思えば、このころにはもうコップの水が溢れる寸前だったのかもしれない。「家事はボクの仕事」「どんなに忙しくても全部こなさなければ」。誰かに相談することもなく、自分で決めたルールの中でもがき、必死になってこなしていた。ちなみに一切の家事・育児を、妻から「やって」と頼まれたことはない。それなのに、すべてを自分ひとりで抱えていたのだ。

子供に暴言を浴びせ、後悔

そんな中、子供に対しイライラし暴言を浴びせ、後悔したことエピソードを話しています。

しかし、ボクの頭のなかは「仕事したいのに、なんでこんなトコにいなきゃなんねんだ! ああ、時間がもったいない!!」とイライラが募るばかり。そのときだった。今となっては細かいことは覚えてないが、息子がボクに何かのわがままを言ってきた。平常時なら「はい、はい」と受け流せるのだが、その時のボクは「うるせえんだよ!!」と怒鳴ってしまったのだ。怯える目でボクを見上げる我が子。それでも「てめえ、この野郎!!」と、我が子への暴言は止まらない。冷静に考えれば、仕事・家事・育児すべてを抱え込んでのストレスが爆発し、よりによって一番弱い立場の我が子へと向いてしまったのだ。

最低だ。そして数十秒後には、その息子に吐いた暴言が、良心の呵責や後悔となって、自分を責めて落ち込む。

私も何度かかっとなり怒鳴ったり手を出してしまったりする経験があります。

あとでよくよく考えると、感情で動いてしまったと分かっているもののその時は止められないことがありました。

村橋ゴローさんの気持ちがよくわかります。


<スポンサーリンク>


妻に宛てた手紙の内容

その後、村橋ゴローさんは、自室にこもり以下の手紙を妻におくりました。

しばらく子育てをやめます
今のままだと誰も幸せになれないので、やめます
日々のイライラが止まらず、たぶん“うつ”の一歩手前です
背中にしのびより、肩をポンポンとたたかれる一歩手前です
なのでいったん、家のこと、子どものこと、全部やめます
たぶん、ぼくはもう売れないと思います、仕事がまったくうまくいきません
そのことが心をどんどん潰していきます
もう耐えられないところまできています
そのうえに家のこと、子どもの世話、できません
なので、いったん逃げます
治るか戻れるかわからないけど、いったん逃げます
ごめんね、帰ってこれるまで、さようなら

妻からの返信

そして、妻から返信がありました。

いろいろ教えてくれてありがとう。
私はいつも通り待っています。
いつも通りずーっと待っています。

なんて、いい奥さんなんでしょう。

愛が感じられました。

涙がでました。

まとめ

現代は、昔に比べて男性も育児や家事に参加するようになりました。

そうすると、男性にもこれまで無かった家事や育児の苦悩がでるようになりました。

私にもその苦悩が分かります。

そして、その苦悩はこれから子育てをする男性すべてに当てはまります。

しかし、それはこれまで女性が体験してきた苦悩です。

それを分け合っていく時代です。

それだけ育児が大変であることを知るべきなのです。

そうすれば、男性が多く占める政治や経済が変わっていきます。

私は子育てに本当に優しい世界を希望します。

 

人気ブログランキング参加中



トレンドニュースランキング

-国内

Copyright© ばばちゃんのトレンド情報 , 2019 All Rights Reserved.